山中に手と肋骨…死体遺棄事件か 群馬・高崎

  • 2009/11/24(火) 23:46:50

最近、死体遺棄事件が多いですが、島根の死体遺棄事件を真似たのでしょうか?人を殺すという殺意はどこから芽生えるのでしょうか?命に対する考え方をもう一度見つめ直す必要性が犯人にはあるでしょうね。

犯罪不安社会
凶悪犯から身を守る本
犯人は知らない科学捜査の最前線!


23日午前10時45分ごろ、群馬県高崎市吉井町多比良の牛伏山(うしぶせやま)で、「人の骨のようなものがある」と、写真撮影に来ていた同市内の公務員の男性(48)が、近くの交番に届け出た。県警藤岡署員が駆けつけたところ、人の左手と肋骨(ろっこつ)部分とみられる骨が、地面から一部露出した状態で埋まっていた。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/328006/